宇和島藩開藩400年を記念して愛媛県宇和島市を中心に開かれる「宇和島伊達400年祭」が来年3月に開幕するのを前に、岡野昇副市長や公式キャラクター「伊達にゃんよ」らが16日、県庁を訪れ、上甲俊史副知事にイベントの魅力をPRした。  400年祭は、市や商工団体などでつくる実行委員会が主催。宇和島の歴史や文化を次世代に継承し、宇和島地域の活性化を目指す。  宇和島藩初代藩主・伊達秀宗が優秀な家臣57騎を率いて宇和島城に入城した場面を再現した3000人規模の武者行列を皮切りに、来年11月まで食や歴史をテーマにした約30のイベントを予定している。