愛媛県は29日、6月1日時点で調査したひとり親家庭の実態調査結果を明らかにした。松山市を除く県内19市町のひとり親世帯の2013年の平均年間就労収入は母子世帯176万円、父子世帯243万円だった。  県視聴覚福祉センター(松山市)で開いた県子ども・子育て会議で報告された。  調査は児童扶養手当受給資格者などから市町の協力を得て抽出し回答があった母子811世帯、父子158世帯、寡婦238世帯の結果をまとめた。  調査した世帯の90%以上が就業。常用雇用は母子47.9%、父子66.2%。自営業は母子3.4%、父子23.6%。臨時やパートは母子42.4%、父子6.1%だった。