愛媛県松山市丸之内の東雲神社(田内逸知宮司)で4日、「東雲能」が奉納された。満開の桜と新緑の木々に彩られた境内で、市民ら約250人が幽玄の世界に酔いしれた。  「東雲さんのお能」の愛称で明治時代から親しまれていたが、資金難などで1995年を最後に中断。2010年に地元住民の声を受けて復活して以来、能文化の発展・普及を目的に同実行委員会が毎年開催している。  今年の演目は、夫婦愛の素晴らしさをたたえ、長寿を祝う世阿弥の名作「高砂」。松山藩お抱え能役者の子孫で金剛流能楽師・宇高通成さんがシテ方を務めた。厳粛なムードの前半から一転し、クライマックスは鼓の小気味よいリズムに合わせ、ダイナミックな舞で観客を魅了した。